【トライオートFX実績】12月14日週の取引損益は+17,413円、年利換算90.8%で絶好調!

トライオートFX

こんにちは。自動売買で資産運用中のシンです。

インヴァスト証券のトライオートFXに100万円を入金し運用しています。

12月14日~12月18日の取引損益は+17,413円、年利換算90.8%でした!

今週もユーロ/英ポンドだけで1万円超えと絶好調です。米ドル/円もスイスフラン/円も全然動きがない中ユーロ/英ポンドはすごいボラティリティです。

トライオート

トライオートFXとは?

トライオートFXは、インヴァスト証券のFX自動売買サービスです。

一度設定すればプログラムが自動で売買を繰り返してくれます。

例えば米ドル/円のペアで、相場が100円の時に新規買い→100.5円に上がったら決済売り→100円に下がったら再び新規買い→・・・のように繰り返す売買を24時間続けてくれます。

人の手で行う裁量トレードと違い感情が入り込まず、チャートにはりつく必要がないのでサラリーマンにうってつけですね。

あらかじめ用意されている自動売買セレクトの中から好きな通貨ペアとロジックを選ぶだけで稼働できるので、特別な知識や面倒な設定の手間がないのもうれしいところ。

わたしは自動売買セレクトをすこしアレンジした設定と、ビルダー機能で作成したオリジナル設定で運用しています。

FXではなく、株式(ETF)の自動売買ができるトライオートETFもあります。こちらの記事で実績を公開しています。

運用中の通貨ペア

トライオートFXの自動売買セレクトから、

  • 米ドル/円
  • スイスフラン/円

の2通貨ペアを運用しています。ロジックは両方ハーフで、取引数量はすべて1000通貨単位です。ただし自動売買セレクトそのままではなく、スイスフラン/円がレンジアウトしたのでビルダー機能でレンジを広げています。

これに加え、20/11/16からビルダー機能で作成したユーロ/英ポンドのオリジナル設定を運用中です。詳細はこちらの記事で紹介しています。

運用履歴

2020/7/1:米ドル/円、スイスフラン/円、ユーロ/英ポンド、豪ドル/NZドルの4ペアを推奨証拠金の約1.5倍の100万円で運用開始。

2020/11/16:豪ドル/NZドルを停止させトラリピに引っ越し。ユーロ/英ポンドを新設定に変更。(追加入金なし)

2020/12/7:スイスフラン/円がレンジアウトしていたため売りレンジの上限を118円に変更。(追加入金なし)

現在の運用資金(入金額100万円+現在までの利益約19万円)だと、3通貨ペアがすべて同時にレンジアウトするとロスカットになってしまいますが、米ドル/円、クロス円ペアのスイスフラン/円と、円を絡めないペアのユーロ/英ポンドの同時運用なので、3つ同時にレンジアウトする可能性は低いと考えています。

また、念のためレンジ端には完全な両建てになるように仕掛けと逆方向の逆指値注文を置いています。含み損が拡大しないようにする措置ですが、逆指値なので注文が滑る可能性があり、絶対に安全というわけではありません。わたしは仮にロスカットになっても本業の収入があるのでリスクをとっています。

通貨ペアごとの実績

トライオートFXで現在運用中の通貨ペアの、通貨ごとの運用実績です。

今週のトライオートFX実績

通貨ペア今週の取引損益通算損益評価損益通算スワップ損益実質損益1週当たりの 平均取引損益
米ドル/円1600円38600円-54683円107円-15976円1544円
スイスフラン/円1200円51007円-99506円598円-47901円1688円
ユーロ/英ポンド14613円98718円-33310円-130円65278円8178円
豪ドル/NZドル(停止中)0円18308円0円-1172円17136円0円
合計17413円206633円-187499円-597円18537円 10418円

取引損益:実際に決済した為替差損益(実現損益 – スワップ損益)

通算損益:今までの取引損益の合計

評価損益(含み損益):保有中のポジションの評価額=全ポジション決済時の損益

実質損益:通算取引損益+評価損益+スワップ損益

現在までの実績

実現損益:206,036円
評価損益:-187,499円
実質損益:18,573円

12/14週は取引損益+17,413円、口座への入金額100万円に対する年利換算90.8%でした!

ここ最近毎週ですが、今週もユーロ/英ポンドが絶好調です。必要な資金は米ドル/円・スイスフラン/円の合計とユーロ/英ポンドでほぼ同じなのですが、利益は5倍以上とすごいボラティリティですね。

先週実質損益がマイナスに突入してしまいましたが、1週で回復しました。しかもユーロ/英ポンドは現在売りレンジなので、マイナススワップも0でかなりいい感じです。米ドル/円とスイスフラン/円も現在位置だとプラススワップなので気分が楽です。

ユーロ/英ポンドがこれだけ好調だとこれ一本にしたくなりますが、複数ペアの同時運用の方針は続けていきます。現在のレンジでしばらくは推移すると思いますが、ブレグジットの移行期間が今年で終わり、レンジが移動する可能性もあるので。

運用中通貨ペアの現在のレンジ位置

レンジの中心値を0%として、現在のレートがレンジのどの位置にいるかを表しています。

+100%なら売りレンジ上端、-100%なら買いレンジ下端です。

通貨ペアレンジ位置レンジ上限までの値幅レンジ下限までの値幅
米ドル/円-62.2%1119pips261pips
スイスフラン/円83.9%115pips1306pips
ユーロ/英ポンド25.2%516pips864pips

 

来週以降は年末年始で流動性が低下するので瞬間的な値動きが発生する可能性があります。

レンジアウトしても資金が十分にあればロスカットしないので、リスク管理はしっかり行うことが大切です。

何が起こっても困らないように、投資は必ず余剰資金で行いましょう。

トライオート

コメント

タイトルとURLをコピーしました